外国出願:米国(アメリカ)商標/出願,申請,取得の手続及び方法,流れについて解説しております。 

トップページ > 外国出願(商標)/各国における手続の流れ > 米国

米国への出願について

 米国・カナダ等の使用主義を採用している国では、実際に商標を使用していることが商標出願の前提となります。
米国では、

 ?@既に米国で商標を使用している

 ?A既に日本で商標が登録されている

 ?B1〜2年以内に米国で商標の使用を開始する予定がある

のいずれかの条件を見たしていなければ商標出願はできません。

 出願に際し米国で実際に商標を使用していることを証明する書類を提出することが義務づけられていますので、一定の期間内に証拠書類を提出しなければ、商標が無効となります。

 また、商標権の存続期間は登録後10年間で、一定期間内に更新手続をすれば10年間ずつ権利期間を更新することが可能ですが、登録後5年目〜6年目の間に米国で実際に商標を使用していることに関する使用宣誓書及び使用証拠を提出しなければ、登録が取り消され、商標が無効となります。米国商標出願の経過図

外国出願トップページに戻る